一日の流れ

作業員

タクシードライバー求人の勤務体制はさまざまで、自分の好きな体制で働くことができますが、そんなタクシードライバー求人の主な一日の流れとは、まずは出社することからはじまります。
会社に所属してタクシードライバーをする場合には、必ず出社してアルコール検査を受けてからの乗務となります。アルコール検査を受けた後は、車両点検を行い、朝礼を行います。夜間勤務の場合は、朝礼がない場合もあります。出勤時には必ずアルコール検査はありますので、仕事がある前日の飲酒は出来るだけ控えた方がいいでしょう。人によっては、3時間から4時間でアルコールがなくなる方もいますが、中には10時間たっても消えない方もいます。その場合は、乗務不可となりますので、自分の体の特徴をしっかりと見極めて飲酒を楽しむようにしましょう。
乗務中は、基本的に自分の自由にタイムテーブルを組み、働くことができます。それにより、休憩時間も自由であり、食事を摂る時間も自由です。
乗務時間が終われば、必ず会社に戻り、稼いだ分の入金処理を行います。その後は、洗車です。必ず毎回、洗車を行います。お客様に気持ちよく乗っていただくためにも、タクシーの社内はもちろんのこと、タクシーの外側もキレイに洗車するようにしましょう。
これが、タクシードライバー求人の一日の流れとなっています。「誰にも指示されず、自由に働きたい」と考える方にとって、タクシードライバー求人はオススメなのではないでしょうか。